結婚の現状

現代の少子化問題は、女性の社会進出、晩婚化、婚姻率などに大きく影響されています。
生涯結婚しない人も多いのが現状です。
まず晩婚化についてですが、平均初婚年齢を調べると、1950年では男性が26歳、女性が23歳でした。
1980年には男性が28歳、女性が25歳、それが2012年では男性が30.8歳、女性が29.2歳となっています。
時代と共に変わってきた価値観、社会環境の変化によりこうした影響が出ていると思います。
生涯独身率についても、年々増え続けています。
男性の場合20%を突破しているので、5人に1人は生涯独身であるというデータが出ています。
女性の場合10.6%となっています。
国勢調査を行い、生涯未婚率を予測したところ、男性は35%、女性は27%にもなったそうです。
しかしこうした現状の中でも、結婚しようと一生懸命結婚相手を探している男女もたくさんいます。
そうした人たちを応援するように、結婚相手を見つける場として街ぐるみで大規模なコンパを行うなどして機会を提供しているところもたくさんあります。
結婚相手を見つけるコツ、それはやはり自ら行動することです。
そう簡単に結婚したい人に出会えるわけではありません。
単純に考えれば、10人の男性と知り合うよりも、100人の男性と知り合った方が、自分と合う男性が見つかる可能性も高くなるのです。
そのため、外にでること、人と知り合えるきっかけの場へ出向くこと、これが結婚相手を見つけるコツの基本的なことと言えるでしょう。