相手選びの考え方

今、婚活している人は、お互いがいろいろな希望条件を抱き、理想の家庭を想像しながら、結婚相手を探していると思います。
活動しているうちにこの想像がしだいに大きくなりすぎて、希望条件もどんどん高くなってしまいがちです。
これでは出会いが絞られてしまいます。
第一印象で、良くも悪くもないという場合には、目をそむけることなくその相手と向き合ってみることが大切です。
良いわけではないからと離れてしまうのではなく、向き合うことでお互いに合うところが見つけられるかもしれません。
結婚相手を選ぶとなると、つい「減点法」で見てしまうことが多くなります。
結婚相手を見つけるコツ、それは「加点法」で見ることです。
第一印象で素敵な女性がいたとして、条件もいいからとその女性を「100」で見たとします。
しかしその後話してみたらこんなイメージではなかったとか、趣味が違ったとか、ちょっとしたミスをしたとか、ほんの些細なことを気にしてどんどん減点していきます。
すると最初「100」だった人は、探るいっぽうで、「50」、「30」と減点されていき、失望することになるのです。
最初から勢いに任せてどんどん減点していくのではなく、相手のことをゆっくりと見て加点できるところを探すことが、結婚相手を見つけるコツです。
会うたびに少しずつ相手の良いところを見つけて加点していけば、最初「50」の人でも次第に「70」、「80」、そして「100」となるかもしれません。
もともと「50」ならば、そこまで過度な期待を持つこともなく、冷静に相手が見えると思います。
仮に「80」まで上がって、途中ちょっとしたことで「60」くらいまで下がってしまったとしても、もともとが「50」なのですからそこまでがっかりすることもありません。
こうして「50」から徐々に「100」へと近づくことができた相手こそ、結婚相手としてふさわしいのだと思います。
結婚相手を見つけるコツ、それは相手のいいところを探すこと「加点法」でチェックすることです。