期間を決めること

結婚相談所の人も、多くの人を見てきた経験上よく話すことですが、婚活は最初の6ヶ月が勝負だといいます。
なぜならば、それ以上長くなっても、ダラダラとしてしまい、だんだん活動意欲も薄れていくからです。
結婚相談所でも、婚活パーティーでも最初のうちは、一生懸命結婚相手を探そうと、積極的にどんなものにでも参加して、積極的にメールをして、積極的に検索します。
しかし6ヶ月も経つと、一通り検索も終わって、パーティーなどに参加しても、見たことのある人に会うようになり、だんだん疎遠になってしまうのです。
そんなとき、自分の中の弱い声が「まあいいか」と言ってしまったら、これで婚活がストップしてしまうのです。
結婚相談所のスタッフも、そんな人をたくさん見てきたといいます。
結婚相手を見つけるコツ、それは短期決戦、期限を自分で決めることによって、その間は集中して真剣に活動でき、その結果もついてくることになります。
期間を決めている間は、積極的にコンパ、パーティーなどにも参加して、相談所に入っている人は、積極的に何人もの人に会うことです。
こうした場に参加することも、連絡を取り合うことも、人に気を使うことでもあり疲れることもあると思います。
しかしそれに期限が、いつまでと決まっていれば、「がんばろう」という気持ちになれて、真剣に結婚相手を探すことができるのです。
そしてもう1つ、結婚相手を見つけるコツとして、この活動の間、決して自分1人で全て抱え込むのではなく、周囲の友達、家族などに話をするといいです。
自分だけの価値観で凝り固まっていないか、傍から見て判断してもらうのです。
例えば、高収入、高身長、ルックスなどについて高すぎる理想を持っていないか判断してもらうのです。
自分の結婚相手に求めるものは、できる限り低めにします。
そうすることで、条件に収まる人が増えるため、その分出会える人の数も増えます。
条件の時点でふるい落としてしまって、会わなければ何も始まらないのです。

自分の人生設計を考えてみること。
何歳までに結婚して、子供を産みたいのか、子供が何歳になると自分は何歳なのか、など逆算してみると、意外に時間はないものです。
短期間で集中することによって、思っている以上の出会いができると思います。
がんばって婚活しましょう。